睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴や症状、治療法、専門医、医療機関、日常生活の注意点などSASに関する情報をたくさん紹介しています。

■睡眠時無呼吸症候群とは何でしょう?睡眠時無呼吸症候群についての症状や治療法などについての情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の分類

■睡眠時無呼吸症候群の3つのタイプ

睡眠時無呼吸症候群は、無呼吸が引き起こされる原因によって大きく3つのタイプに分類されます。

・閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS, Obstractive SAS)
空気の通り道である上気道が閉じてしまい、呼吸ができなくなるもの。ほとんどが、このタイプです。肥満者は非肥満者の三倍以上のリスクがあるとされています。

・中枢型睡眠時無呼吸症候群
呼吸中枢の障害により呼吸がとまってしまうもの。

・混合型睡眠時無呼吸症候群
閉塞型と中枢型の混合したもの。


※閉塞型の特徴
一度いびきがやんで静かになったと思ったら、しばらくして突然大きな音とともにいびきが始まる。これを寝ている間中に何度も繰り返します。静かになっている間というのは呼吸が止まっている時です。そして、いびきを再開しはじめる時の大きな音は、呼吸が止まっていたので息苦しくなったことに耐えられずに再び呼吸し始めた時の音です。
 
スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状

■睡眠時無呼吸症候群の症状

・昼間の耐えがたい眠気
・抑うつ
・頻回の中途覚醒
・集中力の低下
・(家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
・(家族などが気づく)大きな鼾(いびき)など
・夜間頻尿(2型糖尿病になりやすくなる)
・起床時の頭痛
・インポテンツ
・のどが渇く
・こむら返り
・糖尿病性昏睡

※特に恐いのは本人の自覚症状がなく進行する合併症です。睡眠時無呼吸症候群は心臓や全身の血管に大きな負担をかけますから、高血圧や狭心症、心筋梗塞、心不全などを合併する確立は高くなります。これらは生命の危険を脅かす重大な疾患です。たかが寝不足、いびきなどとタカをくくらずに、必要であれば専門医に相談しましょう。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。