睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴や症状、治療法、専門医、医療機関、日常生活の注意点などSASに関する情報をたくさん紹介しています。

■睡眠時無呼吸症候群とは何でしょう?睡眠時無呼吸症候群についての症状や治療法などについての情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

睡眠の検査-スクリーニング検査

■スクリーニング検査とは
スクリーニング検査は、自宅で検査ができるので入院の必要がありません。その反面、計測できる情報が少ないため、検査の精密度が低くなります。睡眠時無呼吸症候群の疑いが強い場合には、さらに脳波などの情報から睡眠の深さも併せて調べる精密検査(ポリソムノグラフィ検査)が必要となります。

●酸素飽和度記録モニター(パルスオキシメーター)
自宅で寝る時に、指先にセンサーを付けて動脈血の酸素レベルを測る器械です。万歩計サイズの計測装置を手に装着します。この装置は、一晩の脈拍、酸素飽和度を記録して、睡眠中に呼吸によってきちんと酸素が取り込まれているかどうかを検査します。

●アプノモニター
鼻と口にサーミスター(温度変化で電気抵抗が変わる半導体)というセンサーを取り付けて睡眠中の呼吸による空気の流れを測定します。無呼吸状態の発生状況を記録します。酸素飽和度記録モニターよりも多少詳しく検査できます。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。