睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴や症状、治療法、専門医、医療機関、日常生活の注意点などSASに関する情報をたくさん紹介しています。

■睡眠時無呼吸症候群とは何でしょう?睡眠時無呼吸症候群についての症状や治療法などについての情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の定義

■睡眠時無呼吸症候群の定義

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、sleep apnea syndrome;SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。具体的には「10秒以上続く無呼吸が、一晩(7時間以上の睡眠中)に30回以上、もしくは睡眠一時間に平均5回以上起こること」と定義されています。

日本では2003年におきたJR山陽新幹線での居眠り運転トラブルのニュースによって世間に知られるようになりました。新幹線が時速270キロメートルで走行中に、約8分間に渡って運転士が居眠りをしていたということでした。この時は自動列車制御装置が働いて、事なきを得ましたが大事故にもつながりかねない重大な事故としてマスコミに取り上げられました。

スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。