睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴や症状、治療法、専門医、医療機関、日常生活の注意点などSASに関する情報をたくさん紹介しています。

■睡眠時無呼吸症候群とは何でしょう?睡眠時無呼吸症候群についての症状や治療法などについての情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

やせている女性にも睡眠時無呼吸症候群が急増中

女性でもやせた人でも閉経をきっかけにプロゲステロンが減少することで睡眠時無呼吸症になってしまうことが明らかになってきたとNHKの「ためしてガッテン」で言っていましたね。そのほかにもあごのサイズが小さいと言う理由も女性が睡眠時無呼吸症候群になりやすい原因と言う事が分かってきたようです。

睡眠時無呼吸症の大規模調査によると、50歳を境に女性患者の割合が急増することが明らかになったようです。

睡眠時無呼吸症候群になりやすいアゴの特徴としては、えらが張っていなくてほっそりしていたり、横顔において眉間から鼻の根元にかけて垂直に伸ばした直線の内側にアゴが入っていたりということが言えそうです。アゴが小さいと口から喉にかけての容積が小さくなり、同じ舌の大きさでも気道を狭めてしまうことが睡眠時無呼吸症候群のリスクを高めてしまうとの事です。

スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。