睡眠時無呼吸症候群(SAS)の特徴や症状、治療法、専門医、医療機関、日常生活の注意点などSASに関する情報をたくさん紹介しています。

■睡眠時無呼吸症候群とは何でしょう?睡眠時無呼吸症候群についての症状や治療法などについての情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の合併症

■睡眠時無呼吸症候群の合併症

睡眠時無呼吸症候群の合併症として懸念されるのは肥満、高血圧、高脂血症、不整脈、多血症、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病などです。 近年の調査・研究によると睡眠時無呼吸症候群の患者は健康な人に比べて高血圧になる危険性が約3倍、心臓や血管の病気の発症率は約1.5倍から3倍とも言われています。

睡眠時無呼吸症候群の患者は肥満になりやすく、その逆もまたしかりです。そして、肥満には常に上記のような合併症がついてまわります。その理由は成長ホルモンの分泌量に関係があるといわれています。なぜなら睡眠中は内分泌器官が働いて様々なホルモンを分泌します。その中でも成長ホルモンは大人の場合、体内の脂肪を分解してくれるのですが、睡眠がきちんととれないとその働きが正しく行われず肥満に陥りやすくなるからです。
スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。